モノに厳しく自分に甘い40代後半主婦のケチと贅沢両立生活
by mucco
お知らせ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
ブログジャンル
検索
2018年 12月 07日

マリインスキーバレエまつり中!

パリ・モロッコ旅関連からちょっと離れて。


c0134902_00311412.jpg
ただいま3年に一度のお楽しみマリインスキーバレエ来日公演
一人で勝手にお祭り中でございます。

11月の公演はパリ・モロッコ旅があったので泣く泣くスルーして、
まずは12/3(月)「オールスターガラ」を鑑賞。
昨日12/6(水)は「白鳥の湖」初日でした。
マリインスキーバレエの看板にして、
ロシアの至宝ウリヤーナ・ロパートキナ様が
引退してから初の「白鳥の湖」、一体どんな感じになるのか。
ロパートキナ以外のマリインスキー白鳥は2003年以来、実に15年ぶり!

「これがロパートキナの最後の白鳥」と思い
相当緊張しながらみていた前回とは異なり、
今回は序奏からコールドの隅々までも落ち着いて鑑賞できました。

いやー、とってもいい白鳥でした!
テリョーシキナ&シクリャローフはもちろんだけれど、
1幕3幕の白鳥コールドもロットバルトも2幕ディヴェルティスマンも、
なんかこうね、端正で雑味がなくて・・・本物。

さすがお家芸!

マリインスキーの「白鳥の湖」は永遠に美しく素晴らしいのだ。
そう思った夜でした。
オケもこれまでより緩急に富み表情豊かだったような気がします。

8日のソワレも鑑賞しますので、
会場で私muccoを見かけた方、お気軽に声をかけてくださいね!

ー追記ー
ジャパンアーツのサイトに
舞台後のテリョーシキナ&シクリャローフインタビューが掲載されています。
読んでいたら、12年前のシクリャローフ君の、サポート怪しいのに
バリエーションはやたらキラッキラで完璧だったパ・ド・トロワを思い出した。

ホーレワは3日のローズアダージョが本当に可愛らしかったし、
先日のパ・ド・トロワもマリインスキーらしい軽やかさと柔らかさで、
これからが楽しみ。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
こちらは別のお祭り 楽天スーパーセール 12/11(火)1:59まで開催中。
ケチケチ贅沢的愛用品はお求めやすくなっているかな?
ニールズヤードレメディーズはクーポンがあるようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by mucco | 2018-12-07 06:00 | バレエ
2018年 11月 10日

シュツットガルトバレエ「オネーギン」

c0134902_15451707.jpg
2018年11月3日(土・祝)
上野・東京文化会館にて

やっと鑑賞できました、本家シュツットガルトバレエ「オネーギン」。
とはいっても、ディアナ・ヴィシニョーワ(マリインスキーバレエ)のタチアーナなんて、本家っぽくないでしょうとキビシイ方に突っ込まれたら、スミマセン・・・と小声で言うしかないのですが。

◆muccoのつぶやき◆
・床にうつぶせ、肘を立てて読書する少女タチアーナ。バレエダンサーが役に入り込むと、本当に少女に見えるから不思議だ。
・ヴィシニョーワは今年の5月にママになったのね。抑えめの演技で少し驚く。
奥手なのは伝わるが、田舎貴族の娘には見えないのが辛い。華のあるスターのつらいところだ。
・と、同時に胴回りにもちょっと目がいく(いや、以前がとにかく細すぎただけ)
・パはあいかわらず軽やかだし、観ていて本当~に心地よい踊り。
・オネーギン=ジェイソン・レイリーがいかにもイケスカナイ奴で笑える
・いわゆる演劇バレエはコールドの見せ場が少なくて、毎回そこに不満が残るのだけれど・・・
「オネーギン」は見せ場たっぷり。本家コールドはさすが踊り込んでいるだけあり、一体感があってすごくいい!
・ヴィシニョーワがなんだすごーく大人にみえる抑えた演技。ずーっとずーっと突っ走っていたもんねぇ(遠い目)
・ラストシーンのヴィシニョーワ、相変わらず集中力が凄い。
・主役はタチアーナでした。
・ヴィシニョーワの踊りをあと何回みられるのだろう。
◆◆◆◆◆

久しぶりの演劇バレエ全幕で、ヴィシニョーワも見られたし、シュツットガルトのコールドバレエは見せ場たっぷり踊りばっちりで、とてもいい時間を過ごしました。

◆◆◆おしらせ◆◆◆

本日11/10(土)23:59で 楽天お買い物マラソン が終了。
電気ひざかけFARG&FORM mozルームブーツをはじめ、冬をあたたかく乗り切るためのアイテムや、ケチケチ贅沢的愛用品はこの機会にどうぞ。
・ニットやコートの毛玉防止、お手入れに ブラシの平野
・デリケート素材もすっきり洗えます プロ・ウォッシュ
・仕上げのアイロンは使いやすいアイロン台で RORETS ロレッツアイロン台

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by mucco | 2018-11-10 06:00 | バレエ
2018年 06月 26日

明日はボリショイバレエ・イン・シネマ「コッペリア」

c0134902_20062659.jpg

明日は久しぶりにバレエのライブビューイング、ボリショイ・イン・バレエ「コッペリア」を鑑賞しよう♡
脳内にはスワニルダヴァリエーションの曲が♪
若手メンバーばかりで、初々しい舞台が期待できそう。

最後に見た全幕「コッペリア」はなんと、2008年10月のKバレエ、吉田都!
あのスワニルダは見ておいて本当に本当によかった。
あれから10年近く経つのね(遠い目)

今年後半は旅行に出かけるためバジェットに余裕がなく、バレエ鑑賞は控えめにしなければならない。
3年に一度の夏の楽しみ・世界バレエフェスティバルも今回はお休みして、

11月シュツットガルト・バレエー念願の本家「オネーギン」全幕鑑賞なるか?
11月~12月ー旅行のトランジット先、ロンドンとパリでROHorPOBバレエ鑑賞できるか?
そんな体力あるのか?試しにやってみる?
11月~12月マリインスキー・バレエー旅行の日程と重なる「ドン・キホーテ」「マリインスキーのすべて」は諦め、
「白鳥の湖」を2公演鑑賞
1月~2月ワガノワ・バレエ・アカデミーー「くるみ割り人形」「人形の精組曲/パキータ」
2016年に続き、あの夢のようなくるみをまた見られるなんて幸せ。
画像はARS TOKYOサイトより
c0134902_20452778.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

by mucco | 2018-06-26 06:00 | バレエ
2018年 05月 15日

ウィーン国立バレエ団『ヌレエフガラ』

c0134902_22362326.jpg
元パリ・オペラ座バレエの名エトワール、マニュエル・ルグリが芸術監督を務めるウィーン国立バレエ団。
お正月のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートの中継で、同カンパニーのダンサーたちが踊る姿を目にしていいる方も多いでしょう。
今回は『ヌレエフガラ』を目当てにチケットをとりました。バタバタしていて、ほとんど予備知識もないまま、公演へ。

◆◆◆muccoのつぶやき◆◆◆
・印象に残ったものだけを
・キャスト表を見ると、ロシア人が多いような気が・・・
・リハーサル映像を使った演目紹介が面白い
・『ワルツ・ファンタジー』ダンサーが若い!そして美形揃い!ルグリの趣味か? バランシン作品としては、踊りが少し重いかも。
・『ソロ』ハンス・ファン・マーネンの振付は好きだ。木本全優、リヒャルト・サボ-、ジェリー・ロック、3人のバランスや音楽性が良く、見ていて心地よい。ブラボー!
・『ランデブー』バレエ団一のスター=芸術監督のルグリ、というのがよーくわかった。舞台に出てきただけですごい。イリーナ・ツィンバルは細長い顔の輪郭や造りがどことなくギエムを思わせるダンサー。
・『赤のジゼル』ひゃー!男女とも長身で手足が細長くて、踊りもキレのよさと優雅さがあって、めちゃめちゃ好みのダンサー。と思ったら・・・オリガ・エシナとウラジミール・シショフ、二人ともマリインスキー出身でした。エイフマンの振付も素晴らしい!
私の中では、この晩一番の作品でした。
・「ヌレエフ・セレブレーション」やはりクラシックは、美形が活きる!
ヌレエフ版はパが複雑で、ダンサー泣かせだと思うが、ルグリの指導の賜物できっちり踊りこんでいた。
『白鳥の湖』第一幕”パ・ド・サンク(コーダ)の男子5名、めちゃめちゃ美しい。ヤコブ・ファイフェルリックは長身で顔が誠実そうな王子様、でも上半身ムキムキがっちりで、「現代の王子様」って感じ。
黒鳥のコーダのリュドミラ・コノヴァロワと木本全優も、ややこしいヌレエフ版を、危なげなく踊っていて良かった。

これぞスター!と呼べるダンサーがいないのがちょっと残念な気もしますが、今のバレエ界は世界的に新旧入替の時期。
あと数年したらキラッキラのダンサーたちが誕生するかもしれない、と予感させるウィーン国立バレエ団の公演でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





by mucco | 2018-05-15 06:00 | バレエ
2018年 04月 26日

うらやましい!ウリヤーナ・ロパートキナ講習会

c0134902_2210546.jpg
画像はソフィア・バレエ・セミナーよりお借りしました。

ソフィア・バレエ・アカデミーは、今年8月のソフィア・バレエ・セミナーで「ウリヤーナ・ロパートキナ講習会」を開催するそうです。

セミナーを受講できる生徒さんやダンサーたちが、本気でうらやましい!

この世には「生きる伝説」が存在するのですよね。
もう彼女の舞台を見られないことを強く実感しました。はぁ・・・見たい。

受講資格などお申し込みはこちらからどうぞ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
by mucco | 2018-04-26 06:00 | バレエ
2018年 02月 16日

ハンブルグバレエ『ジョン・ノイマイヤーの世界』

c0134902_22562473.jpg

2018年2月7日 上野・東京文化会館(バレエ鑑賞コーディネートはこちら

ハンブルグ・バレエの芸術監督、そして『椿姫』などの振付家として名高いジョン・ノイマイヤーが、バレエに魅了された自らの人生と芸術について"語り"ながら、彼の薫陶をうけた高い表現力をほこるハンブルクのダンサーたちが、次々とマスターピースを踊り演じ、やがて壮大な世界が立ち現われてくる奇跡の舞台──、それが〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉
NBSサイトより

ドラマティックバレエよりも、コールドバレエからプリンシパルまで総出で踊りまくるバレエが好きなので、楽しみにしたガラ公演です。
ノイマイヤー本人の語りがとてもわかりやすく、ダンス愛に溢れていました。

≪印象に残った作品のみ muccoのつぶやき≫
・「キャンディード序曲」おおお、バーンスタイン!そうだ、ノイマイヤーはアメリカ人でした。
皆で一斉に踊り出す様子は、ミュージカルのようでありまながら、体の使い方はあくまでもバレエ。あぁ、楽しい!
・「I Got Rhythm」ガーシュウィンにあわせて、シルクハットとタキシード姿で踊るアッツォーニ&リアブコ。抜群のコンビ。これもウキウキで楽しい♪
・「くるみ割り人形」これはツリーの下で王子と踊るPDD。初恋のキュンキュンシーン。フロレンシア・チネラート(クララ)と王子(アレクサンドル・トルーシュ)が若々しく美しい。やはり、子供や少年少女にとって最初のバレエはくるみなんだよなぁ。
・で、この眠りの間奏曲は「パブロワとチェケッティ」!
てっきりワガノワアカデミー&マリインスキーバレエへの贈り物だと思いこんでいたので、ノイマイヤー版くるみのワンシーンだとは知りませんでした。
アンナ・ウラデールのチュチュ姿を初めてみましたが、繊細でキレイ。
それにしても、ノイマイヤーに扮したロイド・リギンズが踊りっぱなしですごいです。
・「間奏曲」シルヴィア役でジャンプしながら出てきた菅井円加の存在感!
・「クリスマス・オラトリオⅠ-Ⅳ」ワインレッドとグリーンの衣装で若々しい男女が躍動感たっぷり踊る。特に、菅井円加のダイナミックでスピード感あふれる踊りに目が釘付け。この晩、一番印象に残った作品。
・「作品100-モーリスのために」振付家モーリス・ベジャールへのオマージュ。男性ダンサー二人がベジャールの「さすらう若者の歌」を彷彿とさせる。なんだかジーンとくる作品だった。
リアブコも約1作品おきに踊っていてすごい!



菅井円加がローザンヌバレエコンクールで入賞してから早6年。
コンクール当時から「他にはないダイナミックな魅力を持った少女」という印象でしたが、ナショナル・ユースとハンブルグで成長し、踊りにより磨きがかかっていました。
今後の成長と活躍がますます楽しみなダンサーです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
by mucco | 2018-02-16 06:00 | バレエ
2017年 10月 04日

2017年9月後半コーディネート その3

c0134902_15362137.jpg
約3か月ぶりのバレエ鑑賞はスヴェトラーナ・ザハーロワ”Amore"
夜の渋谷も久しぶり。
c0134902_16132763.jpg



c0134902_1614945.jpg9/27(水)
17:30ごろ 24℃ / 22:00ごろ 23℃

トランス・シベリア芸術祭日本公演2017、スヴェトラーナ・ザハーロワ「Amore」観賞のため、渋谷文化村オーチャードホールへ。
日本初演のコンテンポラリー3作品とタイトルAmoreにちなんで、コンテンポラリーなデザインのワンピースに、Amoreな赤のブーツで。

黒ワンピース&ブーツ:ZARA  明るい画像はこちら
黒ガマグチバッグ:シャルル・ジョルダン

劇場と帰りの防寒用に、2種類の赤が入ったマルチストライプロングストール(2-c)を持つ。
会場では、白シャツ試着会に参加くださった方とばったり会って驚いた。


3作品目の「ストローク・スルー・ザ・テイル」が面白かった!スピード感溢れる振付をキレッキレで踊るザハロワが好き。2作品目「レイン・ビフォア・イット・フォールズ」はデニス・サーヴィンが秀逸、彼がストリートダンスに転向したらかなりすごいことになりそう。
当たり前だが、今公演の芸術監督&ザハーロワのご主人、名バイオリニストのワディム・レーピンが客席にいた。


c0134902_1623831.jpg9/30(土)
11:30ごろ 22℃ / 19:00ごろ 21℃

オンラインサロン「ケチケチ贅沢でバラ色人生研究所」の第2回目お茶っこパーティー開催。日本橋・浜町へ。
サロンメンバーと約束したので、これ着てこれ履いて行きました。
ワンピースの着丈とブーツ丈が合わないので・・・

c0134902_16255323.jpg細ベルトでブラウジングしてバランスをとる。

パーティーの後はmadameH「究極の白シャツ」試着会で大盛り上がり!
不思議なことに誰が着てもパッと華やかになり、肌触りも着心地もよく、さらにそれぞれの個性が引き立つシャツなんて、こんなシャツ今まで着たことがない、とみんなキラキラした笑顔で話してくれました。

c0134902_16281549.jpgアウターはライダースで。

帰りはルミネ横浜の成城石井に寄って紅茶を買い、研究員がお探し中のスウェードベルトをパトロールにと、ユナイテッドアローズをウロウロしていたら、知人にばったり!
ネイビーのピーコート探しているから、ちょっと待っててね~


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あら?今月の楽天お買い物マラソンはあと1日、10/5(木)01:59までですって。
この機会にケチケチ贅沢的愛用品をどうぞ。
そろそろロキャロン薄手タータンストールの出番ですね。そして、madameH「究極の白シャツ」をご予約なさった方はロレッツRORETS スタンド式アイロン台のご用意を。
大事なお洋服は【ブラシの平野】の洋服ブラシ手植え水雷型でしっかりお手入れを。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
by mucco | 2017-10-04 06:00 | 着ること