モノに厳しく自分に甘い40代後半主婦のケチと贅沢両立生活
by mucco
お知らせ
☆取材等のご依頼、お問い合わせは
mucco@excite.co.jpまで☆

重版出来6刷
ライフプランとお金とおしゃれの関係を考える本



翻訳本





ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
最新の記事
『madameHのおしゃれ図鑑』
at 2017-04-25 12:00
2017年4月第4週コーディ..
at 2017-04-24 06:00
Soup Stock Tok..
at 2017-04-23 06:00
春の嵐のあと
at 2017-04-22 18:00
VOGUE『アレクサ・チャン..
at 2017-04-22 06:00
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
タグ
ブログジャンル
検索
2017年 04月 15日

お知らせ いろいろ


お知らせ・その1

大統領夫人としてのジャクリーヌ・ケネディとそのファッションの役割。まさに「装う知恵」について、あらゆる角度から知りたい・考えたい方向けのトークセッションです。
ご興味のある方はぜひどうぞ。

装談 016
Tokyo Fashion Dialogos #02
「ファッション、メディア、物語/ジャッキー・ケネディ」


ゲスト:中西大介(Jリーグ常務理事)
案内役:芳野まい(東京成徳大学経営学部 准教授 他)

◇日時
2017年4月23日(日)17時~18時30分
◇会費
一般 前売3,000円(Peatixにて) 当日3,500円  学生 前売1,000円(Peatixにて) 当日1,500円 
◇会場
スパイラルルーム(スパイラル9F)※スパイラル館内のエレベーターで9階までお上がりくださいませ。
東京都港区南青山5-6-23(地下鉄表参道駅 B1、B3出口すぐ)
◇お申し込み先
contact@fashionstudies.org
「Tokyo Fashion Dialogos #02」への参加の旨とお名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属を明記してお申し込みをお願いします。
※前売はPeatixにて承っております。前売で申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。また申込メールもあわせてお願い致します。
前売のお申し込みはこちらから。

注:Peatixのシステムがいまいちユーザーフレンドリーではないですね~。
面倒な方は、contact@fashionstudies.org へ
「Tokyo Fashion Dialogos #02」への参加の旨とお名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属(←主婦とか自営業とかでOK)を明記してメールでお申し込み、当日会場へ行って当日料金¥3,500支払いで大丈夫だと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お知らせ・その2
c0134902_19481783.jpg

michill連載・第7回目でおすすめした若林理砂・著『大人の女におやつはいらない』はamazon欠品中ですが、Yahooショッピングにて購入できます。
Yahooショッピング Tポイントが使えるのね
大人の女におやつはいらない

予約の取れない臨床家・鍼灸師の若林理砂氏が、みずからの体験も交えながら、個々人がそれぞれ持つ体質や気と向き合い、食習慣を見直す大切さをわかりやすく教えてくれる本です。こんな風にズバッと言ってくれる先生なら、予約がとれないのも納得~。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
by mucco | 2017-04-15 06:00 | いろいろ
2017年 04月 14日

横浜元町 霧笛楼

c0134902_12432335.jpg

今年の誕生日ランチは元町の霧笛楼へ。

運よく広いお部屋が空いていた。
畳の和室にステンドグラス、中国アンティークの調度品、和洋中折衷がいかにも横浜らしい。

c0134902_1138347.jpg
アミューズグール:レンズ豆のフランとチーズクルトン
◇卵と豆のうまみがぎゅっと詰まった濃厚な洋風茶碗蒸し
c0134902_113994.jpg
鱒の自家製マリネ、山独活のブランマンジェ、菜の花のピューレ 緑胡椒風味
◇鱒のマリネと、ブランマンジェ、それぞれのくっきりした味と食感の違いがたまらない♡ 
c0134902_11393673.jpg
はまぽーく継承ベーコンと春野菜のポトフ / 白イカとエビ入り白アスパラのブルーテ泡雪仕立て
◇ブルーテ(手前)とポトフ(奥)、それぞれのスープを一口味わってから、混ぜていただく。春野菜のシャキシャキと魚介のプリプリ~
c0134902_11401557.jpg
貝類(帆立貝・つぶ貝)の小さな焼きたてサクサクパイ 椎茸と共にブルギニョン風 2種(黒オリーブ・粒マスタード)のソース
◇パイ、おかわりっ!
c0134902_11405086.jpg
的鯛のソテー 山菜のリゾットと甲殻類のソース 白トリュフオイル風味 うるいを添えて
◇なんだかもう、どれもおいしくて、どうしましょう。

と、写真はここまで。
この後、肉料理ウズラのファルシ、デザート3種盛(パイナップルのグラニテ/赤いベリー類とホワイトチョコのパルフェ/柑橘類とコンフィチュールのヨーグルトソースかけ)と続いた。
おいしさを表現する語彙が乏しいため、おいしくて大満足!としか伝えられないのが残念。
c0134902_11362492.jpg

我が家は自宅大好きひきこもり気味の夫にあわせ、夫婦揃って外食するのは年に数回のみ(夫本人の誕生日はもちろん自宅で祝う)。それゆえ、出かけるときは贅沢に、私が絶対に作れない家では食べられない手の込んだお料理を個室でいただく。
平日昼の霧笛楼2階お座敷ルームは、記念日やお祝いにぜひおすすめ。ご予約はお早めに。

c0134902_12461985.jpg
昨日更新されたmuchill連載「40代が待っている!」第7回目にちなみ、過ぎない食事について。

こんな豪勢なランチをいただいた日の夕飯は・・・私はほとんど食欲がわかず湯豆腐仕立て(豆腐・白菜・ほうれんそう・わかめ、枯木ゆずで風味付け)のみ。
夫はプラス卵焼き/ひじき煮/納豆/梅干し/トマト/玄米1膳
ケーキもその日は食べられず、翌日から少しずつ3日かけていただきました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
by mucco | 2017-04-14 06:00 | いろいろ